安全で効果的にほうれい線消すトレチノインとは?

安全でなおかつ、アンチエイジングに効果的な治療といえば、トレチノインです。ほうれい線を消すトレチノイン治療では、しみやニキビなどの肌トラブルや、しわやたるみを改善する効果がある治療です。ではなぜ、トレチノインが安全で効果的なのでしょうか?

トレチノイン治療では、トレチノインというビタミンA誘導体を使用します。ビタミンA誘導体とは、体内に入るとビタミンAに変わるもので、ビタミンAよりも吸収されやすい成分です。また、トレチノインは元々人間の血液に存在している成分ですので、アレルギーを起こすということはありません。

トレチノイン治療を行うと、古い角質が剥がれ落ちるという、ピーリング効果があります。ピーリングはコラーゲンを活性化させ、肌のターンオーバーを促進する効果があるので、若々しい肌へと導くことができるのです。

そのため、ハリや弾力性も取り戻せるので、アンチエイジングとしてトレチノイン治療を行う人が、増えてきているのです。そして、くすみや色素沈着も改善しますし、ハリを高めるからシワも解消されます!

肌の奥から綺麗に、健康的にしてくれるので、トレチノイン治療は人気なのです。安全で効果的な治療として、アメリカのFDAでも認可されている治療なのです。ただし、日本では保険適用外となっています。

また、トレチノイン治療を受けたあとは、ターンオーバーが活発になるため、普段よりも紫外線に弱くなるのです。UV対策をきちんとしないと、肌の状態は更に悪化してしまうので、紫外線対策は徹底しなくてはなりません。

そして、紫外線の影響を受けやすくなっているように、肌がとってもデリケートになっています。そのためしっかりとした保湿も必要になります。

アレルギーを起こす危険性が少ないので、比較的どんな人でも受けることのできる治療ですし、効果もあるということが実証されています。保険適用外なので、全額自費負担になってしまいますが、安全で確実に綺麗になりたい人にはおすすめです。アンチエイジングとして、トレチノイン治療をして、白くハリツヤある美しい肌を手に入れましょう!

歩くことはアンチエイジングに効果的!

人は歩くことで脳細胞が刺激される動物です。きちんと立ち上がって、人らしく歩くということは、座っている時よりも遠くを見渡せます。見えるものが多くなるということは、それだけ情報量が多くなるということです。脳細胞を刺激するということは、脳のアンチエイジングなのです。

脳内の血管はミリの100分の1の単位の、500ミクロンほどのかなり細い血管なのです。そして脳は、体重の2%ほどしか重さはありませんが、摂取したエネルギーの18%も消費するのです。脚を動かせば、それだけで脳内へ信号が届き、脳内を血液がどんどん巡っていきます。

しかし、歩かなくなれば、脚から信号は送られませんので、血液の循環が悪くなります。脳内の血液の循環が悪くなると、脳細胞がどんどん衰退していき、結果的に脳が衰えてしまうのです。

また、血の巡りは加齢とともに、どんどん悪くなっていきます。80歳を超えたら20代の半分程度にまで落ち込みます。脳内の血の巡りを良くするということは、脳のアンチエイジングなのです。

特にオススメなのは、有酸素運動としての歩き方をすることです。歩いて、情報量を増やし、そして酸素を体内にどんどん取り込むことの出来る有酸素運動は、アンチエイジングには効果的なのです。

ただし、アンチエイジングとして、歩く際に注意があります。それは、音楽を聴きながら歩かないことです。歩くことで、脳に信号を送るということ、五感から情報を得るということが、アンチエイジングに効果的なのです。だから音楽を聴いてしまうと、自分の世界に閉じこもってしまいますし、聴覚からの情報は得られません。

大事なのは歩くことで変化を感じることです。なので、歩くスピードもなるべくゆっくりと歩き、景色の変化をしっかり感じましょう。また、意外に思われるかもしれませんが、緑豊かな景勝地を歩くよりも、変化がすぐに分かる街中を歩いたほうが脳細胞は活性化されます。風景があまり変わらないところよりも、歩くたびに景色が違ってくる市街地の方が、情報が多く入ってくるからです。

また、歩いている最中は、遠くを見たり近くを見たり、色々な方向を見るようにしましょう。こうして歩いて行くことで、脳のアンチエイジングとなり、ボケ防止にもつながるのです。

ストレスを軽減して活性酸素を増やさない方法

活性酸素は癌をはじめとするあらゆる病気を引き起こし、美容にも悪影響を与えます。 肌が老けていく原因も活性酸素なので、活性酸素を増加させない生活をしていきたいところです。

活性酸素を増やす原因は色々ありますが、ストレスも原因の1つです。 何気なく生活している中で沢山のストレスが発生しているので、ストレスをゼロにするのは困難だと言えます。

ストレスが発生する大きな原因は人間関係だと言われているので、人間関係においてストレスを減少させるポイントを紹介したいと思います。

人間関係でなぜストレスを感じてしまうのかというと、自分の欠点を指摘されたり、否定されることがあるからです。 職場の上司があなたの欠点ばかりを指摘してくる人だと、ストレスが溜まりますし、仕事に行くのが辛く感じてしまいますよね。

家庭内でも旦那さんに「もっとちゃんとしろよ」と言われると腹が立つことがあると思います。 また、旦那さんが家のことに協力的でない人なら「あなたにだけは言われたくない」と反発し、どんどんストレスが溜まっていきますが、このようにストレスが発生すると活性酸素が増加してしまいます。

そんな時は、ストレスを感じない考え方にシフトするといいでしょう。 例えば、あなたが一番尊敬している人がいるとします。

その人からあなたの欠点を指摘されたらどう思いますか。 「尊敬している人が私のことを見てくれている。指摘してもらえて有難い。」と感じるのではないでしょうか。

パートナーも同様に、尊敬して愛されいる人から欠点を指摘されたら「変わらなきゃ」と思い、実行に移すかと思います。 自分が尊敬できない人から言われたら、ついつい反発したくなりますが、考え方によっては状況が変化するのです。

それに、欠点を指摘してくる人が違うだけで、あなたの欠点であることには変わりないので、謙虚な気持ちで受け入れることが大切です。 物の見方を変えるだけでストレスがかなり軽減されるので、感謝の気持ちを忘れずに、心のアンチエイジングに努めていきましょう。

メニュー

ページの先頭へ